2. 様々な質感の設定

既存のオブジェクトに様々な質感設定をする工程を学習します。

所要時間:30分

このチュートリアルで説明する機能

  • バンプの設定
  • 法線バンプの設定
  • 反射の設定
  • 光沢の設定
  • 透過の設定
  • 自己照明の設定

チュートリアルファイル

本チュートリアルで使用するファイルは下記のとおりです。
ディスクに収録されているファイルをローカルにコピーして使用することを推奨します。

REMO インストールCDより

tutorials/tutorial2/

  • スタートアップファイル (material_teapot_base.max)
  • 各種テクスチャ (同ディレクトリのtifファイル、ddsファイル)
  • 完成サンプル (material_teapot_final.max、final.xrm)

チュートリアル

3ds Maxを起動し、スタートアップファイルを開きます

3ds Maxを起動し、チュートリアルスタートアップファイル(material_teapot_base.max)を開きます。
ティーポットが9つ並んでいます。それぞれのティーポットに異なる質感を設定していきましょう。 トップビューの並び順で左上から設定していきます。

[マテリアル エディタ]を開きます。 未使用のサンプル球をクリックし、マテリアルをアクティブにします。

REMOで使用可能なマテリアルは[ブリン]のみです。
その他のマテリアルをを指定されても適用されませんのでご注意下さい。

10タイプの質感と環境マップ

  1. 木目
  2. メタル
  3. 透過
  4. 鉄鋼
  5. 光沢
  6. 反射
  7. ガラス
  8. クリスタル
  9. 自己照明
  10. 背景