3. 透過

スポイトで上段右のティーポット(teapot_remo)のマテリアルを取得します。

マテリアルの名前は remo です。
[マップ]ロールアウトで、[拡散反射光カラー]右側の空のボタンをクリックし、 ダイアログ ボックスで[ビットマップ]を選択します。
[ビットマップ イメージ ファイルの選択]ダイアログ ボックスより、remo_logo.tif 選択します。

次に[マップ]ロールアウトの[不透明度]マップ ボタンをクリックし、 マテリアル/マップ ブラウザで[ビットマップ]を選択します。
[ビットマップ イメージ ファイルの選択]ダイアログ ボックスを使用して、remo_logo.tif を選択します。
[ビットマップパラメータ]の[モノクロチャネル出力]でラジオボタンのチェックを[アルファ]にし、[乗算済みアルファ]をオフにします。

[マテリアル エディタ]で、[親に戻る]をクリックします。
[ブリン基本パラメータ]ロールアウトの鏡面反射ハイライトの数値を変更するなどして質感を高めて下さい。

ロゴのフェイスマークがカメラ正面にくるように、[修正]パネルの[モデファイヤリスト]から[UVWマップ]を設定します。
[パラメータ]ロールアウトの[マッピング]で[円柱状]をチェックします。[位置合わせ]の[フィット]をクリックします。
[ギズモ]で位置を調整します。

[REMO Viewer]で確認します。
ロゴ以外の部分が透過され、ハイライトも利いています。